アルコール依存症とうつ病の関係とは?孤独が症状を悪化させる

2+

Users who have LIKED this post:

  • バブル世代のボク

バブル世代のボクは現在断酒継続中だけど、日々心は穏やかに
過ごしている。しかし振り返れば、気分が塞ぎこんで、睡眠も浅く
やる気がでない日々を過ごしたこともあった。今思えばそれは軽度の
うつ状態だったのだろうと感じている。

スポンサーリンク

うつ病と言えば、アルコール依存症との関連性は高い。それはアルコールを
飲んでいるからうつ病を発症していると言われるほどだ。

今回はアルコール依存症とうつ病の関係を深堀していきたい。

うつ病は否認の病である

うつ病は否認の病である。それはアルコール依存症と同じだ。まさか
自分がうつ病だなんて、自覚がないし、また物事を客観的に見ることが
出来ないのも、うつ病の症状だと言えるだろう。だからアルコール依存症と
ともに、自分がうつ病である事を認めることから治療は始まる。

アルコール依存症とうつ病の関係とは?孤独が症状を悪化させる
photo credit: 55Laney69
via photopin(license)

一人にならない

うつ病の特徴は孤独感に苛まされる事だ。人と会うことが億劫になり
若干ひきこもり気味になる。そんな自分が嫌になり、アルコールに手が伸びる。
だから断酒は絶対的であり、家族と一緒に過ごすことが、うつ病治療には有効的である。

社会復帰を焦らない

うつ病を発症する人は、実は几帳面だ。真面目過ぎるゆえにうつ病を発症している
ケースが多い。それはアルコール依存症にも共通している。うつ病で休職
してしまった事を申し訳なく思い、出来るだけ早期に復帰を願う。
しかし重要な事は、うつ病は軽い病気では無くて、そういった責任感が強い面が
災いして発症している事例が多い。だからこの場合、最優先すべきは、うつ病治療になる。

断酒継続時におけるうつ状態を超えればノンアルコールライフの扉が開く

スポンサーリンク

自殺願望に注意

うつ病の本質は自己否定だ。自分がなんて無能なのかと思い始めて、この世の中から
消えてしまいたい衝動が抑えられなくなる。つまり、その深層心理こそがうつ病の症状
そのものなのだけど。

この場合、家族や近しい人にSOSを発信するのが最良の方法となる。家族は
決して面倒くさいという態度を取るのではなくて、真剣に話を聞いてあげる必要がある。
うつ病は精神の病なので、関わる人達のケアの仕方で、完治までの流れが大きく違ってくるのだから。

再就職、復職を焦らない

うつ病は心の病である。そして職場の人間関係が原因で発症している場合も多い。
だから休職中の場合は、決して復職を焦ってはいけない。勿論職場に無理を言って
休職している場合は、実際に期限は設定されていると思う。

しかし、そういった無言のプレッシャーが、うつ病を発症した本人にはダメージになる。
この場合、最優先すべきは、うつ病の治療だ。

同じようなケースで再就職がある。内定を焦るあまり、雇用条件に目をつぶってしまうことも
あるけど、結果ブラック企業だとすれば、それでうつ病が悪化する場合が多いので、焦って内定を貰うことに意味は無い。

うつ病の治療は断酒が最優先課題

これまでうつ病の治療についてお話してきた。実際にはアルコール依存症とうつ病を併発している
人も多い。しかしながら診断でうつ病だったから、飲酒は止めなくていいと考えている人も
多い。飲酒はうつ病の症状を悪化させる。だから断酒は絶対であり、最優先課題だ。

断531

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す