断酒継続の鍵はビールに代わる嗜好品を見つけるのがポイント

2+

Users who have LIKED this post:

  • バブル世代のボク

嬉しい時はビールを飲んでいた。
悲しい時もビールを飲んだ。
ピンチの時はビールを飲んだ。

これらは全てボクの無意識化において行われていた習慣である。
つまり生活の基板がビールと共にあったと言えるだろう。

まずは断酒継続だけに集中した。6年間断酒継続してきたが
ビールを飲む習慣が戻ってしまうと常習性のある飲酒習慣は
簡単には絶縁するのに難儀をする。

スポンサーリンク

一生飲酒が出来ないのを憂うなかれ

断酒継続の鍵はビールに代わる嗜好品を見つけるのがポイント

断酒継続における肝はアルコールに代わる嗜好品を見つけることだろう。
アルコールに代わる嗜好品と聞くとまことしやかではないが
コーヒーやコーラなどの炭酸飲料にこの場合は当たる。

断酒継続当初は一生アルコールが飲めない事実に憂う声が多数聞こえてくる。
その気持は分かる気がする。しかしどうしたら将来的に飲酒出来るのかという
難攻不落の方向に向かうのでは無くて、断酒継続をしなければならない
これからの人生の大義を感じながら、飲酒の代わりになる嗜好品を
見つけるための日々と考えては如何だろうか。

もちろん代わりの嗜好品がタバコであってはならない。何故なら
依存する物質が単に変わっただけに過ぎないからだ。

そして喫煙という習慣が近い将来、社会的にはアングラな行為となるからだ。

スポンサーリンク

至高はホットドリンクなのは間違いない

ボクはコーラを好んでたまに飲む。500mlのペットボトルだ。1本飲んでも
いいのだけど、最近ではコップ1杯ほどで止めている。

断酒者にとってコーラを含む炭酸飲料はビールより最適ではあるけど
シーズンを通して考えるとあまりよろしくないのではと感じる。

この灼熱の真夏日を過ごす中で、食後のお茶を冷たいペットボトルから
沸かした温かいお茶にしてみた。

記録的な真夏日が続いており、そのためにクーラーを効かせているのに
熱いお茶とか絶対に無理だよねと決めつけていたのだけど、実はそんなことは
一切無くて、むしろ食後の口の中をスッキリさせてくれる。

何より冷たい飲み物よりお腹に優しい。

スタバではキャラメルマキアートのアイス一択だったけど、合わせるように
ホットを注文するようになった。きっとコーヒーの旨味はホットでこそ
初めて際立つのではと、いまさらながら分かるようになってきた。
そして禁断のチョコレートケーキがボクの口内でjewel boxへとケミストリーを起こす。

それも全て断酒継続していることの恩恵なんだ。
つまりノンアルコールライフは日中でも幸せに浸れる至極の日々だと言える。

断560



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す