断酒を無意識下で習慣化する

2+

Users who have LIKED this post:

  • バブル世代のボク

断酒継続が出来ない人がいる。
ざっくりと言ってしまえば、日常的に飲酒の事を考えているからだ。

飲酒の事を常に考えているから、いつかは飲んでしまうのだ。

いやいやそれは言い過ぎだとおっしゃる方もいるかもしれない。
しかしやっぱりそうなのだ。

あなたの中にいる飲酒厨は虎視眈々と機会を伺っているのだ。

スポンサーリンク

飲酒の事を考えないとは

では飲酒の事を考えないとはどういう状態だろう。

断酒をするイコール飲酒を我慢しているからいけないのだ。
我慢でとりあえず凌ぐことは出来るかもしれないのだが、ずっとは無理なのだ。

ましてや1ヶ月後、1年後となると、途方も無い無茶振りになってしまうのだ。

断酒を無意識下で習慣化する
photo credit: Dahinträumende via photopin (license)

では、どういった状態が、ボクら断酒を継続する人間にベターなのだろう。
それはアルコールのことが頭に無い状態だろう。

そんなことが可能なのかという声もあるかもしれない。
でもボクらは確かに過去、その状態にいたものだ。

過去のボクらは100%ノンアルコールライフだった

思い出していただきたい。
中学生の頃のボクらは、ノンアルコールライフだったはずだ。

いやいや、そんな昔の頃と比較するのはありえないと言うのは決めつけに過ぎないのだ。

何故ならお酒は二十歳からというのは、あくまでボクらが暮らしている日本国の法律だからだ。
ボクらは無意識化で飲酒は二十歳からというマナーを守ってきただけなのだ。

スポンサーリンク

法律は守らなければならないが、必ずしも真実では無いのだ。

ティーンエイジャーのボクらは飲酒を我慢していなかったはずだ。
つまりそのアルコールに対して純真無垢だった状態まで思考を持っていければ大丈夫なのだ。

飲酒を我慢するのではなく、断酒を無意識下で習慣化するのだ。
あなたの日常も無意識に行動していることがほとんどではないだろうか。

つまりノンアルコールライフが当たり前である日常を、無意識化まで持っていければ最強なのだ。

むしろやらない事のほうが難しくなる。

断747

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す