断酒にネガティブな人、ポジティブな人

0

ネガティブ思考、ボジティブ思考というのがある。
皆さん既にご存知の通り、同じ事案が起きた時に、その人それぞれで180度違う捉え方をしてしまうものだ。

スポンサーリンク

失恋を力に変える人

恋愛においては失恋がつきものだ。何故なら別れがあるから出会いがあるのだ。

失恋をずっと引きずる女性がいたのだ。
乾杯のビール一杯から始まった彼女のお約束の話は、振られてしまった彼氏への恨み節なのだ。

まだ若輩者だったボクは、彼氏が悪いと同調してしまったのだ。
もちろん彼女は脊髄反射で怒りモードになったものだ。

それからは元カレがいかに素晴らしかったかの講義が始まったのだ。
ボクらが出来る最善の方法は、相手の話を100%傾聴することなのだ。

ネガティブ思考の未来は

都の西北で有名な私大に滑り止め入学をしたその人も、宴もたけなわになると
お約束の、自分がいかに本来東大に行くべき人間だったのかを延々と論説したものだ。

自分はこんなところにいるべき人間では無いと言い続けた未来は、
見事にその大学の中間層が入社する企業だったのだ。

一方で起きた事案をポジティブに捉える人がいる。
いつの間にか新しい彼氏の話をされたので、きりの良いタイミングで瞬間凍結されてしまった元カレ話を探り出しても

断酒にネガティブな人、ポジティブな人
photo credit: Tokyo 3894 via photopin (license)

そんな人もいたっけ?

300パーセントの笑顔で、その人はおどけたものだ。
ボクらが出来ることは、整合性の確認ではなく、相手の話を100%傾聴することなのだ。

滑り止めで受験した帰国子女で有名な私大に入学した彼は、
学校推薦で宝くじで有名な金融機関に入社したのだ。

1年生の時から彼は言い続けたものだ。
学年1番を目指す、と。

同じ事案が起きたとしても、その人の捉え方一つで
ボクらの未来は180度変わってくるのだ。

ボクらが日々継続している、断酒という事案においても
断酒にネガティブな人、ポジティブな人というのがいるものだ。

断酒の事を常に考えるのは疲れるという人がいる。

死ぬまでの間、一滴も飲んでは駄目だなんて医学的根拠は無いし、
それじゃ疲れてしまうから、ゆるくやっていこう。

それぐらいでいいんだ、と。

もちろんボクらの人生は、思った通りに収束していくのだ。

スポンサーリンク

断酒にネガティブな人、ポジティブな人

一方で毎日断酒をポジティブに考える人がいる。
断酒してこんなに幸せなんだと、ご自身のライフスタイルで300パーセント体現しているのだ。
そしてその勢いはとどまることを知らないのだ。

それを読んだ人は幸せな気分になるのだ。
どう見ても断酒と向き合いながら、幸せオーラを発生させているのだ。

それを色眼鏡で見るほうが難しいだろう。
そして間違いなく、その思考は周りの人に伝染するのだ。

ここまでネガティブな人、ポジティブな人の話をしてきた。

既に起きた事案を変えることは、タイムマシーンが存在しない今現在では無理なのだ。

ならばその事案の捉え方次第で幸せになる思考を選んだほうがいい。

断酒という事案において、どちらを選ぶかは、もちろん100パーセントあなたの自由だ。

断756

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す