飲酒しながら深イイ話もどきをするな

0

バブル世代のボクは現在断酒継続中だけど、説教が嫌いだ。
厳密に言えば酒の席での説教になる。
振り返ると職場では勤務時間内という概念が無くて、若干
アルコール依存症気味の先輩が繰り出すスペシウム光線並みの
グダグダうるさい説教が終わった頃に

飲酒しながら深イイ話もどきをするな

じゃあ、席を変えてじっくり話そう

と来た日には

割り勘で酒飲みの説教はお断りします。てか奢ってもらっても無理です。

と心の中で呟いていたものだ。
今回は飲酒している人の深イイ話が何故駄目なのか掘り下げてみよう。

スポンサーリンク

飲酒しながらの説教はマジ基地

残念ながら当時の職場では飲酒しながら説教をする上司がデフォルト
だった。つまり悪い慣習が受け継がれてしまっていたのだろう。

それは新入社員の歓迎会で一気飲みリレーがある時点でお察しなんだ。
残念ながら時代背景的に、どこの企業も同じような風潮だった。

アルコールがまた苦手だったボクも仕事上必要だと強迫観念的に従っていた。
当時の話はこちらの記事にまとめてある。

何度も言うようにボクは酩酊しながら深イイ話をする人を一切信用していない。
むしろ軽蔑している。人の貴重な時間を平気で奪ってんじゃねえよ的な、
それは怒りに近い感情だろう。

酩酊には特に個人差は無く、大抵は自分の自慢話と精神論がループする。
何度でも。そして覚えていないことが多い。いわゆるブラックアウトだ。

スポンサーリンク

アルコールハラスメント

ボクらは誰もが一個人だ。そこに別け隔てはない。あるのは職場があてがった
職能階級だけだ。つまりマネージャーが新入社員のかわいこちゃんを、個人指導と
称してふたりきりの残業を連日強要していたことも、訴訟ものであるけど、
耐え切って退社したのは、理不尽なセクハラに我慢をし続けたと言える。もちろん全然いい話ではない。

飲酒者の深イイ話は裸の王様

とても苦手な先輩で、大酒飲みがいたのだけど、よくふたりきりで飲みに誘われたんだ。
一度アルコールが入るとだらしなく酩酊して、口癖が

オレ今いい話したろ

だった。脊髄反射で

意味不明ですよ

と脳内でだけ強がっていたのは、ボクもまた社畜マインドから脱皮出来ていなかったのだろう。
今思えばきちんとお断りする案件だったのに。

断492

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す