キッチンドリンカーとは?女性の飲酒は実は増えている?

0

バブル世代のボクは現在断酒継続中だけど、自分が
アルコール依存症という病気になってから、キッチンドリンカー
という言葉を知ることになった。今回はキッチンドリンカー
について、女性の飲酒という視点から掘り下げてみたいと思う。

スポンサーリンク

女性の飲酒者は増えている

現代は健康志向だと言える。喫煙者の数が年々減少している
ように、飲酒者の数も毎年減少しているんだ。しかし減少している
飲酒者のデータを見ると、女性の割合は年々増えている。

キッチンドリンカーとは?女性の飲酒は実は増えている?

女性のほうがアルコール依存症になりやすい

女性のほうがアルコール依存症になりやすいと聞くけど、何故だろう。
それは男女の体格の問題が根底にあるんだ。勿論個人差はあると思うけど、
一般的には女性のほうが男性より身長も体重も小さい。

それは体内の血液の量が、女性は男性に比べて少ないわけで、
つまり同じペースで飲酒していけば、データ的には女性のほうが
血中のアルコール濃度が高くなるというわけなんだ。

血中のアルコールは、肝臓でアセドアルデヒドの分解処理をされる。
しかし男性に比べて女性の方が、肝臓が身体に比例して小さいため、
男性よりもアセドアルデヒドの分解に時間が掛かるというわけなんだ。

そしてアセドアルデヒドの分解が間に合わずに、次の飲酒を続けていると、
理屈ではアルコール依存症に着実に向かっていく。
つまり、この部分だけを切り取られて、女性の方がアルコール依存症に
なりやすいと言われる所以なのだろう。

アルコール依存症になる危険と合わせて、脂肪肝になり、そのまま放置
すると肝硬変になって、肝硬変ではもう肝臓の再生は出来ない。
不健康な肝臓のまま、その自由にならない身体をいたわりつつ、後世を送ることになる。

スポンサーリンク

女性のアルコール依存症の原因とは

データで見る、女性のアルコール依存症に至る原因は男性とは違うようだ。
男性以上に、周りの反応を敏感に感じながら生活する専業主婦に
多く見られるキッチンドリンカーは、もっとも多い年代が40代なんだ。

40代で専業主婦と言えば、人も羨む優雅な生活と思いきや、子供の受験や進学、
それに伴う子供の親との付き合いもあって、他人にはよそ行きの顔を見せる
ストレスから、ついキッチンで飲酒をしてしまうのだそう。

キッチンドリンカーとは

それは誰かが見ているわけでもなく、最初はほんの一杯のつもりが、いつの間にか
酒量がだんだんと増えていき、その段階では自分でコントロール出来なくなり、
何時しかブラックアウトが頻繁に起きるようになり、そしてそのまま進行すれば
気が付くと、目の前には、気付かないうちに帰宅していた夫の悲しみの表情が
浮かんでいたりする。

スポンサーリンク

女性の飲酒が胎児に与える影響は

女性のアルコール問題では、胎児への悪影響も見過ごせない問題だろう。
妊娠中に飲酒をすると、胎児にはストレートに同じ濃度のアルコールが届いている。
勿論胎児にはアルコールの解毒処理をする能力は無いので、とても恐ろしい事案である。

実際に女性が妊娠に気付くのは、既に妊娠後である事からも、そこから断酒しても
この場合、全然遅いということになる。

まとめ

ここまで女性のアルコール問題と、そこから派生したキッチンドリンカーについて深堀してきた。
改めて思うのは胎児に悪いものを、成人だから、ルールに則っているからという大義名分で、
ボクらの日常にはアルコールが浸透している。

喫煙者の姿が、数年後には路上からは消えるという前提を見れば、アルコールもアングラな
世界になり、一部の人達がこっそりと嗜む未来が見えてくるのは
きっと、ボク自身が酒害に気付いて、断酒しているからだろう。

断505



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

スポンサーリンク
    The following two tabs change content below.
    バブル世代のボク

    バブル世代のボク

    バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2016.11.08にノンアルコールライフ1000日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

    スポンサーリンク

    コメントを残す