マインド

断酒でGive Me UpはむしろOK

0

バブル世代のボクは現在断酒継続中だけど、音楽は
つくづく素晴らしい文化だと感じている。何しろその曲の
イントロが流れるとボクの思考は、瞬時に数十年前の
世界に時空を超えてタイムスリップするのだから。
それは何度体感しても楽しいことこの上ない感情だ。

スポンサーリンク








そんなボクの耳が最近反応したのがマイケルフォーチュナティの
Give Me Upだった。

時代は1986年、バブル景気に沸く世の中では賑々しく
Give Me Upがヘビロテされていた。振り返れば世間全般の
人々の気分がアゲアゲだったように感じる。

実はGive Me Upの歌詞の意味を全然分かっていなかった。
勿論曲のノリが好きだというのはありだと思うけど。

Give Me Upの意訳はお断り?

マイケルフォーチュナティがGive Me Upのフレーズを高らかに奏でる
のがこの曲のクライマックスであり聞き所なのだけど、Give Me Up
を直訳すれば「私を諦めて」となる。

Babeがカバーした日本語訳は女子向けに改変されている。
マイケルフォーチュナティの本家の歌詞を追いかけると、

もてあそんでいるだけなら、ボクをこれ以上誘惑しないでくれ、
バカにしないでくれ

というニュアンスになるだろう。

断酒でGive Me UpはむしろOK
photo credit: d26b73
via photopin(license)

そこから考えると、Give Me Upのこの場合の意味は

もうボクを惑わさないで

というのが言葉としてはぴったりだろう。つまり見方を変えれば性悪女だ。
それも憎らしいほどセクシーでコケティッシュなのだろう。

スポンサーリンク








断酒でGive Me UpはむしろOK

過去、節酒について飲酒を女性を例えに記事にしている。

アルコール依存症になったボクらにとって節酒は幸せなのだろうか。
そんなはずは無いよね。それは機会飲酒者に限ってのお話だ。

ボクらにとっての節酒は、例えればF1ドライバーが壮絶な大クラッシュをして、
その後復帰して、サーキットを法定速度で走行しているようなものだ。

時速60キロという速度しか知らなければ幸せだったのだけど、そのF1マシンは
時速300キロを超える速度が出ることを、ボクらは体感で知りすぎているんだ。
つまりボクらにとって節酒とは危険極まりない行為になる。

だから機会飲酒に敗れたボクらは、アルコールに対してNOを突きつけよう。
それはマイケルフォーチュナティの如く、心の中では高らかに拳を突き上げて。
Give Me Up、もうアルコールにもてあそばれるのはゴメンだ。
きっぱりとお断りしよう。堂々と、勇敢に。

今年も熱い夏がやってきた。
しかしノンアルコールで過ごすボクの心は限りなく爽やかだ。

断534

断酒ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

LINE@バブル世代のボク始めました

友だち追加

バブル世代のボクとLINEしてみませんか?

毎朝元気が出るメッセージと1対1のトークルームをご用意しました。

 

断酒の悩みはもちろん、 それ以外のトークでもオケです。

LINEメッセ頂ければ折返しメッセします(´∀`*)ウフフ

※22時~6時は営業時間外の為、 自動応答メッセージになりますが、 メッセージはお預かりします。

スポンサーリンク
ABOUT ME
バブル世代のボク
バブル世代のボク
バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2018.03.23にノンアルコールライフ1500日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 2017.09.11 アメブロ始めました♪ バブル世代のボクアメブロ 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です