回顧録

バブル世代のボクは既に一生分のアルコールを飲み干してしまった

1+

ボクのアルコール遍歴を振り返ると、詳細は色々あるのだけど、一般的な
アルコール消費量を人生まだまだこれからという時期に既に飲み干したという
それも一般的なアルコール消費量をはるかに超えて飲み干したという事実なんだ。

バブル世代のボクは既に一生分のアルコールを飲み干してしまった
By: Tatsuo Yamashita

アルコールは苦手だった20代の思い出

元々はアルコールが好きだった訳じゃない。18歳の時、学生コンパが始まる季節には、むしろビールは苦くて好きではなくて、何でいわゆる大人はこれを好んで毎日飲むのだろうと訝しげに思ったりして、だから少しでも飲みやすいカクテルを飲んでいた気がする。ところが全盛期?には1日に350mlの缶ビールを10本は飲んでいたのだから、アダルトチルドレンと言うのはきっとあるのだなと思ったりしたのだけど、まあ親がアルコール依存症ではなかったのでちょっと違うかもしれないけど、確かに時代はアルコールにウェルカムだったと思う。

スポンサーリンク








社会人になり、飲酒は大人の社交と刷り込まれた

そして学校を卒業して社会人になったのだけど、当然のように歓迎の飲み会があり、入社1年目の新人は皆一気飲みをするのが社会人の洗礼?という、というか出し物の一つであり、今思うとおかしな慣習が恐らく世間一般的なものであり、だからボク達新社会人は、アルコールを一気飲みして、歓声を浴びながら仕事人生を始めたんだ。

アルコールはカッコ良いという世代を過ごして

テレビではタバコのCMをバンバン流して、職場ではデスクで喫煙がデフォであり
しかしながら喫煙は幸いな事に身体にあわなくて、それよりも副流煙の被害は
相当なもので、社会人としては不適合な正義感をかざした1年先輩が、愛煙家の
部長に、社内分煙を提案したところ、閉所に飛ばされたのはあまり同情出来なかったけど
あの時代は色々狂っていたのだと思う。

スポンサーリンク








時代はバブルだったけどそれがアルコールを飲む理由にはならない

これからボクの過去を思い出しながら、現代と交差するように回想をしていこうと
思う。とりあえずわかっているのは、バブル時代だったからアルコールに囚われたんじゃない。
それを言ったら、全員がそうならないとオカシイのだから。
バブルが弾けてからも飲酒を続けていたのは、ほんの数えるほどだったんだよ。
もちろんボクも含めてだけど。

というか、景気が下降するに伴い飲み屋が潰れ出したし、酒税も高くなっていく過程で
世間一般はアルコール消費量が減少しているのだけど、一部の人を覗いては。

懐古すると、まだこの時は普通の飲酒だったのだと思う。あくまで自分目線ではあるのだけど。

断酒ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

LINE@バブル世代のボク始めました

友だち追加

バブル世代のボクとLINEしてみませんか?

毎朝元気が出るメッセージと1対1のトークルームをご用意しました。

 

断酒の悩みはもちろん、 それ以外のトークでもオケです。

LINEメッセ頂ければ折返しメッセします(´∀`*)ウフフ

※22時~6時は営業時間外の為、 自動応答メッセージになりますが、 メッセージはお預かりします。

スポンサーリンク
ABOUT ME
バブル世代のボク
バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2018.10.09にノンアルコールライフ1700日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 2017.09.11 アメブロ始めました♪ バブル世代のボクアメブロ 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です