処方

リフレックスの離脱症状に苦しみながらボクは依存症と戦う

0

バブル世代のボクは以前にも記事にしたことがあるけど
パニック障害を幼少期から発症しており、時空を超えて
40代になってやっと、精神科医に認定され、向精神薬である
リフレックスを処方されるようになった。

スポンサーリンク








幼稚園時代から発症したパニック障害は、ブランコの揺れが
いつまでも前頭葉の意識下でリフレインしたり、合唱のピアノ
の鍵盤の響きが脳内に永遠にこだましたり、その恐怖感は
半端なくて、原因が分からず両親に懸命に説明しても
若干適応障害的な印象を持たれてしまった悲しい過去は
20代になり、アルコールを嗜むようになって一変したんだ。

皆さんも御存知のように、アルコールは見方を変えれば
一種の精神安定剤とも捉えられるわけで、その効能の怖さを
知らないボクは、勝手に親近感を抱いていたのだから
その後のストーリーは既に決まっていたのだろう。

向精神薬を一生服用は出来ない

そんな事があって、辿り着いたリフレックスだったけど
アルコールを飲んでいるよりいいのでは無いかと、継続
してきたけど、どうやら一生リフレックスを飲み続けるのは
良くないようだ。

リフレックスの離脱症状に苦しみながらボクは依存症と戦う

そして減薬を開始したボクだけど、処方の30mgから
15mgは楽だった。すぐさま7.5mgに減薬したけど、こちらも
1ヶ月もすれば大丈夫だった。

それはボクが減薬に対して前向きな思考だったからだと
感じる。処方薬がゼロって健康じゃないだろうか。

しかし7.5mgというのは処方されたリフレックス錠15mgの
粒を半分に割った量であり、この下はゼロ。
つまり向精神薬無しだという事なんだ。

スポンサーリンク








実は既に3ヶ月前にリフレックスをゼロにして就寝した
ボクだったけど、まどろみこそすれど・・・眠れない!

それはNHKのラジオ深夜便が終了して、生島ヒロシの
おはよう一直線がTBSラジオで始まる時間であり
それでもまんじりともしない瞳はダイヤモンドであり
だから仕方なく頓服であるブロマゼパム1mgを服用して
ようやく眠れる森へ誘うことが出来たボクは

アルコールの離脱症状とは辛さが違うけど、確かに減薬は
難しいのだなと、改めてボクらが何かに依存しながら
生きていることを知ったんだ。

この場合の依存は、環境や人間関係も含まれる。
確かに支え合うのが美しい人間関係だけど、いつまでも
その環境が続かないかも知れないので、常に自立の
精神で過ごして行きたいと思う。

じゃないと失った時の喪失感半端無いから。

断478

断酒ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

LINE@バブル世代のボク始めました

友だち追加

バブル世代のボクとLINEしてみませんか?

毎朝元気が出るメッセージと1対1のトークルームをご用意しました。

 

断酒の悩みはもちろん、 それ以外のトークでもオケです。

LINEメッセ頂ければ折返しメッセします(´∀`*)ウフフ

※22時~6時は営業時間外の為、 自動応答メッセージになりますが、 メッセージはお預かりします。

スポンサーリンク
ABOUT ME
バブル世代のボク
バブル世代のボク
バブル世代入社の、既に一生分のアルコールを飲み干した男性。 最長6年間の断酒期間を経験するも、 隣の女性の潤んだ瞳とその右手にきらめく 琥珀色の生ビールに心を奪われて、 再び酩酊の世界へ(^^ゞイテテ 2014.02.13から再び断酒を開始した事をきっかけに、 現世では最後になる断酒を決意。 2018.03.23にノンアルコールライフ1500日達成! 2016.11.21 ノンアルコールライフコミュニティ 始めました。 2017.09.11 アメブロ始めました♪ バブル世代のボクアメブロ 現在ノンアルの素晴らしい日常を満喫中。 ノンアルの女性がもっと増えたらいいなと、 ノンアルのポエマーとして活動中です。 ノンアルコールライフ イズ ビューティフル サイトマップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です